YURIの音楽と今までVol.9

ダンスサークルで痛めた腰と脚が回復してきた大学2年生の夏頃。

私はアルバイトを始めることにしました。

 

イギリス風のバー、H。

ご存知の方も多いかと思いますが、

都内や主要都市にある、スポーツ観戦ができるおしゃれなバーです。

 

店内はイギリス風のレンガ壁などの作りで、毎晩音楽が大音量で鳴り響き、

外人さんや若い学生などが気軽に集えるお店でした。

 

かなりの倍率であるらしい(後から知った)面接を通過し入ったお店の先輩は、

上は28歳から、当時最年少で20歳の子まで、

男子はイケメン、女子は可愛い子ばかりでした。

主にお店を回しているのはフリーターの方たちでしたが、

学生は立教大学、中央大学、東大、また服飾系の専門学校の子など・・・

とても楽しく、時に厳しく・・・でも思い返すとやはり楽しい職場でした。

 

私の接客スキルは、ここで大分学び、染み付いているところがあります。

やはり人気店だけあり、アルバイトへの教育は厳しく、

素面で立っているだけで怒られました。

 

「仏頂面でボケっと立ってないで!」

「笑顔でハイネケン勧めてきて!」

「あの人だいぶ酔ってるでしょ!チェイサー持ってって!」

「給料発生してるんだよ?立ってるだけでお金もらえると思わないでね?」

 

当時の店長については、物言いがかなり厳しく、

アルバイトのみんなからの反発もかなりありました。

ただ、店長の言うことも私はわかるなぁ・・・と思うとこもあり、

よく店長の愚痴を聞くこともありましたね・・・。

まぁおイタもやらかすダメ店長でしたけど・・・

 

厳しい立ち仕事でもあり、常に店中に気を配ってヘトヘトになり、

ただ仕事終わりは立ち位置関係なくみんなで飲みました。

働いているみんなももれなくお酒が好きで、

多少いざこざがあっても飲んで腹を割って話すことでチャラになるような、

お客さんにとってもスタッフにとってもそんなお店でした。

 

それともちろん、音楽が好きな人も多かったです。

有線のチャンネルを何にするかでいつも揉める的な・・・

それはその後働いた場所でもいつもそうなんですが 笑

 

BGM次第でやる気って変わりますよね・・・!

ジュークボックスにoasisやレッチリやMJがあり、

本当に忙しく限界が近いときは、

「ごめん!一瞬いい?」と胸ポケットに忍ばせた100円をジュークボックスに入れ、

だるそうに歌うリアム・ギャラガーを眺めながらシェイカーを振る・・・

と言うことをしていました。

 

懐かしいなぁ・・・楽しかったなぁ・・・(遠い目)

今思えば、行くべき場所に行けていたんだなぁと思ったりします。

職場恋愛の相談に乗ったり、ブランキー好きの友達2人と夜中まで遊んだり、

その友達が辞めてしまう時に泣いたり・・・とか

青春だったなぁと思います。

 

今はコロナで居酒屋やバーの営業が大変ですが、

誰かにとってはとてもとても大事な場所であるんですよね。

音楽が好きな私にとって、あの職場は職場でありつつ、癒しの場所だったんだと思います。

YURIの音楽と今までVol.8

後日、ダンスサークルの歓迎ステージを観に行くと

流れてきたのは、私の大好きなアーティスト

ケミカルブラザーズの"Come with us"という曲でした。

 

 

 

高校の時の同級生とケミカルブラザーズの単独公演にも行っていた私は

大音量で流れるこの曲と、先輩たちの格好いい踊りにすぐノックアウトされました。

 

「こんな風に踊れたら格好いいだろうな〜!」

 

サークルにすぐ入部を決め、ワークショップに参加した私。

音楽学科の人間は少なく、演劇学科が半分ほどを占め、

あとは映画、美術、放送、とばらけている感じでした。

 

サークルに所属していたのはたった1年半ほどでしたが

そこで出会った彼氏(のちの娘のパパ)は卒業までやっていたので、

色々と陰ながら応援したり、先輩になってからの苦労みたいなものも見ていました。

今振り返ると色んなことをたくさん知った気がしますね。

 

まず、ダンスは体力がないと無理ということと・・・

人様に見せる舞台を作るのにどれほどの時間と労力と

才能ある人たちのアイディアが詰まっているかということと・・・

一流になるのにどれだけの時間練習してるかということと・・・

 

ダンスで食っていく気は毛頭なく、

音楽が好きで入った私は結局

「音楽に戻ります」「踊れるほどの体力も情熱もありません」

という感じで退部したわけですが(やめた頃、足腰ボロボロになってました)

 

その後10数年が経ち、ダンスサークルで出会った元夫との娘が

ダンスが大好きで毎日のように踊っていること

なんだか不思議というか

娘の踊りたい!という気持ちが、私の中にずっとあったのかな?

それが、元夫と恋人関係になったことで急速に萎んでいく実感があって

因果のようなものを感じたりするわけです。

 

たまに娘が生まれる前の話をすると

「それ、空から見てた時の話ね!」とか言います。

 

何はともあれ、場違いのような私があのサークルに所属したことで、

毎日楽しそうに踊る娘という存在がいると思うと、

血迷ったかのように見えた行動も、のちのちわかってくることがあるんだよ・・・

と思います。笑

楽譜作成の過程をyoutubeにアップしました

 

PCのフリーソフトMusescoreを使用した楽譜作成の様子をyoutubeにアップしました。

 

楽譜ってどうやって作ってるんだろう?という方

PCでの楽譜作成をしたことがないピアノの先生

ドリフターズ好きな方

 

などなどはぜひ♪

リモートセッション

 

ドラムの中原さんとリモートセッションをしました♪

 

ピアノだとワンオペすぎる説・・・。

 

ホーン、ベース、ギター、歌、ダンスなどなど出来る方いらっしゃれば

1曲限りでも良いので一緒に遊んでくれるメンバーさん募集中です。

 

よろしければ動画お持ち帰りくださいませ〜。

詳しくはyoutube詳細ご覧下さい。

YURIの音楽と今までVol.7

無事日芸に入学した私は、神野明教授のクラスで学ぶことになりました。

 

日芸とはいえ、音楽学科、ピアノ科のみんなはいわゆるピアノ女子。

もっと変な人がたくさんいるイメージだったんですが、

みんなお嬢様で、真面目な子が多かったように思いました。

 

少し拍子抜け?しつつ、所沢キャンパスに通っていた4月下旬頃のある日。

サークルの勧誘で、先輩に声をかけられました。

 

「ダンスサークルなんだけど〜どう〜?」

 

私はすぐに足を止め、

 

「ダンスですか?やってみたいです!」

 

と即答。

 

「え?え?本当に?」

 

多分、断られ続けても数撃ちゃ当たる方式で声を掛けていたであろう先輩も

私の即答ぶりにびっくり。

 

そこで声を掛けてくれた先輩、今やテレビや振り付けなどで引っ張りだこのダンサーとなっているわけですが

 

「歓迎のダンスステージがあるから観に来てね!」

 

連絡先を書いて、そう伝えられ、私は新しく始まる生活にウキウキしはじめていました。

 

 

続きます♪

 

YURIの音楽と今までVol.6

前述の素敵な先生についた5年後

私は高校3年生になり、大学受験がやってまいりました。

 

実は、私の高校時代は自分の中でも『暗黒期』と名付けているほど

これでもかと悪い出来事が重なり、

高校3年生のはじめ頃からどんどん体調を崩していきました。

学校で保健室にいることも多く、

夏休み明けてからはいよいよ登校が出来ない日が多くなり、

3ヶ月ほど不登校に近い状態でした。

 

色々と限界を感じていた中でも、

中1の時に決めた志望大学への受験に向けて後には引けない状態。

それでも、ピアノの前に座ると襲う物凄い倦怠感。

多分、軽く鬱かノイローゼの酷いやつだったんだと思います。

 

弟に「甘えだろ」と言われて、淹れたての紅茶を浴びせたこともありました。(ゴメンね) 

それくらい荒れていたので、正直受験どころではなかった。

そんな中で、先生が「志望校を変えたらどう?」と提案してくれました。

それが、私がずっと目指していた芸大ではなく、日芸でした。

 

「あなたはクラシック音楽以外への興味が強いようだから、

この大学ならいろんな芸術が学べるわよ」

 

先生は、私のことを本当によく見ててくれたんだなと

今でも涙が出そうになりますが・・・

 

身も心もズタボロの状態で、朝起き上がるのもやっとの状態で受けた日芸の受験。

もうこんな自分ではどこも受からないだろうと思っていた中で

発表の日、「合格」の字を見たとき、私は初めて少しだけ、

神様っているのかもと思ったのでした。

 

 

私は優等生でも、健康優良児でもないです。

絵に描いたような成功人生を送ってきたわけじゃない。

だからこそ、出来ることがあると思って

今を生きているのかなと思ってきています。

 

私の教室にも、学校に行けていない子や

通常学級ではない子なども来ますが、

彼女ら、彼らは他の子にはない素晴らしい個性や、

音楽を好きという大きな気持ちがあります。

 

みんなより体力的には弱いかもしれない

みんなより精神的にダメージを受けやすいかもしれない。

 

でもそれって、音楽をやる人間としては

もしかしたら強烈にいい音楽を鳴らせる理由になるかもしれない。

そんな人たちが、自分らしく生きていくのに、

音楽というものが鳴り続けてくれていたらいいなと思うのです。

 

 

ちなみに、大学がどこにも受からなかったら、、、

イギリスに単身で飛ぼうと思っていました。

そこで、クラブとかで遊んで好きに過ごそうと思ってました。

でも、もしそっちの道を選んでいたとしても、

何かしら楽しい生き方のために模索していたのかなぁと思ったりします。

 

受験に受かったらオールオッケーな時代じゃないからこそ、

あまり精神に負荷がかかるような無理な受験はオススメしないですね、個人的に・・・。

押し付けじゃなく、自分の力で頑張れる子

自分の力で選び取っていけるような子が増えてくれたら。

お教室でも、私の娘にも、実践したいなと思うところです。

noteはじめました

noteをはじめました。

 

特に、ピアノ教室や音楽指導のことについて

少し専門的な内容を書いていこうと思っています。

よかったら見てみてください。

 

https://note.com/yuri_x0930

4月半ば雑感

ここ最近、ピアノ演奏などの配信をしていますが、

コロナウイルスの影響も、人それぞれ様々な形で影響しているんだなと感じています。

 

私の大事なルーティン、夕方のレッスン時間。

生徒の皆さん、何より親御さんたちのおかげで、

オンラインレッスンとして続けていただくことが出来、

お互いにこの期間を過ごすのに良い時間になっているといいなと思っています。

 

昨日は普段担当でない生徒さんたちも見させてもらいましたが、

皆さんそれぞれ素敵な音楽の芽があり、

画面越しでもそれが伝わってきて、嬉しい気持ちになりました。

ここへきても、生き生きとピアノを弾いてくれている生徒の皆さんの存在が

私をちゃんと、私のところへ戻してくれる気がしています。

 

ということで、オンラインでもレッスン可能ですが、

早くコロナが落ち着いて、またレッスン室でレッスンしたいですね!

昨日、どうしても手を触れないと教えられない事案が発生し、

もどかしくてうーん、と考え込んでしまいました。

右手のアウフタクトと、左手の伴奏のタイミングが合わない・・・。

手を掴んであげて、一緒に動かしてあげれば一発でわかるのになぁっと

それに変わる方法を考えていますがなかなか・・・。

 

そんなわけで、試行錯誤を重ねながらも、

出来ることを精一杯やっています!

引き続きオンライン選択の方は動画などもお待ちしておりますね。

緊急事態宣言に伴いまして

現在、お教室は全てオンラインレッスンに切り替えさせていただいております。

生徒の皆様のおかげで、オンラインレッスンを整備することが出来ました。

本当に感謝しております。
引き続きよろしくお願いいたします。

また、他教室、地域のピアノの先生で、オンラインレッスンなどをお考えの方
いらっしゃいましたら、問い合わせページよりご連絡下さい。

20年ほどインターネットには親しんでおり、ホームページなども自作しています。

わたしの出来る範囲の知識でよろしければ、
オンラインに関するアドバイスなどお受けしますので、ご連絡ください。

2020春 生徒様募集について

生徒様募集について

ピアノレッスン

数枠ですが空きがございます。

オンラインレッスンも行なっておりますので、

ご興味ある方はお問い合わせください。

ギター、ドラム、DTMレッスン

羽鳥野にあります『音楽教室ミルキィロック』さんにて

ギター、ドラム、DTMレッスンを行なっております。

提携教室となりますので、ご興味ある方はお問い合わせください。

体験レッスン 30分 ¥1,500

にてお受けしております。

いずれの場合も、体験問い合わせページよりお問い合わせ下さい。

お待ちしております。